2008年08月07日

営業日課

多くの読者がいずれもこの比較に対して興味を持つことを信じて、しかし私にとってところがとてもよくなく書きます。結局、圧倒的部分の読者はすべて専門家ではありませんて、いくつかは操作の中で私達にとても当然な事は他の人がとても良く理解して掌握することができますとは限らないと思われています。一方、このような問題について、確かに同じく便利ではありません言うのが多すぎてあまりに詳しくて、そこで、次にこの部分のどっちつかずな文字に書きました。それでも、私はやはりここにあるいくつか陳述を通じて(通って)望んで、圧倒的部分の使用者にすべて自由自在に比較的によくあること、その上みんなの同じく比較的に関心を持ったハードディスクの問題をいくつか解決することができます。このように、みんなはいくつかよくある問題にぶつかる時出て行ってあれらを探してハードディスクの補修のをやる必要がなくて、人に断固としてぼったくらせました。実は、とても多くてよくあるハードディスクの問題の処理方法はネット上ですべてあふれたことに登って、とても容易に一大を探し当てて解決の方法を積み上げて、そのためここにいくつかに対してネット上で詳しい説明があるつもりはなくて、その上可操作性のとても高いハードディスクの問題の処理方法は陳述を行います。私のここは言いたくて、いくつかも比較的にぶつかりやすいので、しかしネット上の説明はすべてあれらの射手達はあなたが私を書き写してみんなを書き写して書き写すので、可操作性は甚だしきに至っては根本は少しも論理のあれらの問題の処理方法に合いませんません。でも私は必ずみんなに注意しなければならなくて、私の言うこれらはすべて比較的に手を焼く問題で、あれはあなたも期待してはいけなくてあまりに高い成功率があって、近代的なハードディスクの構造はすでに構造に運行することと昔複雑でした多いよりずっと、私はすべての商標のすべての型番のハードディスクがすべてそのようになることがあり得なくて試みて、これらの方法の原理はすべて近代的なハードディスクの構造とコントロール、運行の構造に合ったので、しかし本当に問題を解決することができてか、やはり操作者がハードディスクの故障の原因に対して作り出して正しく柔軟に各種のツールのソフトウェアを総合的に運用することとそしてをとらえることができるかどうかを見ます。


1.ハードディスクのパーティションは壊します

この問題の最も通常の原因をもたらして、コンピュータが過程を使う中で突然停電するのです。もしコンピュータはディスクを行うならばその他を整理してあるいは大量のディスクの読み書きの過程の操作を必要とします時、突然やってきたのが停電してとても大きくこのような誤りを生むかもしれないことがあります。みんなはこれがとても初級ハードディスクの問題だと思わないでください、他人の身になって、もしもいくつかの年を取った鳥は自分でこの問題にぶつかるなら、急にのにも迷いますと少し思います。問題は主にもしデータがいらないならばで、それではこの根本は1つのハードディスクの問題ですと言えないで、再びパーティションのフォーマットは解決するのでさえすれ(あれ)ば;しかし、もし中にどのようにする比較的に重要なデータの話があるならばか?あるいはあなたは比較的に怠惰で、再びシステムを詰めたくなくて、保存システムとデータの情況の下でこの問題を解決することができますか?この要求について、ネット上で多くの文章の紹介はDiskManこのソフトウェアで行って自らパーティションを修復するのです。でも、実際の操作の中で、このような方法は一体少しあまりにも馬鹿者は溶けて、ソフトウェアに頼って(寄りかかって)行って自らパーティションを修復したくて、のに頼って(寄りかかって)実はソフトウェアの計算方法で、しかし計算方法は融通がきかないで、人はところが固定していないで、すべての人の自分のハードディスクのパーティションすべて同様に。実際的な操作によるとと実証して、このような回復の方法の大概は90%の修復率だけあって、つまり、エネルギーの100%完全にパーティションを修復する機会は別にとても高くありません。でもDiskManこのソフトウェアを使って、主なパーティションの回復一体普通はできない問題、あなたの主なパーティションは回復するのでさえすれ(あれ)ば、システムはスタートすることができて、残る回復することができないパーティションの中のデータはFinalDataで回復することを試みることができて、正常な情況の下で、完全に回復してくることができるべきです。この方法の最大の優位はDiskMan支持のファイルフォーマットがとても多くて、たとえだからNTFS、EXTなどその他のフォーマットのパーティションですとしてもの中で、同じく比較して有効にパーティションを回復することができます。


(25求めます、DiskManインターフェース)

でも、もしあなたのハードディスクはFATあるいはFAT32だならば、私は上の方法がそれとも複雑すぎると感じて、その上全てが2つのソフトウェアの計算方法の上で託すことを望むことを、人の自発的な積極性に移動していないで、あまりにマンパワーの^_^を浪費しました。圧倒的部分人が自分で使うコンピュータの中のハードディスクのパーティションの大きさに対してやはり心の中で分かっていることを見積もるようにしましょう、もしすべてのパーティションの大きさを覚えていることができるならば、このようにすみます。あなたはもとはどんなソフトウェアのパーティションを使って、今やはりそれを使って、同様にもとはすべてのパーティションの大きさは再びパーティションですによって触りますと、でもフォーマットが要らないことをしっかり覚えます。フォーマットのこれが要らないのはとても肝心で、Partition Magicなどのようですいくつかパーティションのソフトウェアがあって、通常情況を黙認する下にすべてパーティションの中隊のフォーマットので、設置の中でパーティションの中隊のフォーマットのオプションを取り消します。再びパーティションの(以)後で、フロッピーディスク、光ディスクでスタートしてあるいはこのハードディスクをその他に1台のコンピュータの上に受け取って、NDD(Norton Disk Doctor、私にあなたがこれが何なことを知らないことを教えないでください)に運行して、スキャンを実行して、とても速くて、それはいくつかとハードディスクのパーティションの誤りとても専門の“わけがわかりません”の見て分からない誤りを発見して、何も大丈夫だと言うことを知らないで、続いてもちろんこれらの問題を修復するのです。すべて修復し終わった後に、再起動して、あなたは怪しく全体のハードディスクがまたすでに読むことができたことを発見することができ(ありえ)て、すべてのパーティションはともとはすべてそっくりで、すべてのもとのファイルは完全無欠で、1つのバイトも少ない。このような方法の回復の成功率はとても高くて、過程の非常の馬鹿者はしかしまたみんなの自発的な積極性に移動することができます。専門のデータ復元のソフトウェアに運行する必要がなくて、またみんなを本当に着手することができて、初心者にも卓越した医術で病気をたちまち治すことを持って感を満たすことができます、特に人々の虚栄心を満たすことができて、ハッハッ。もちろん、最も安全な方法やはりフロッピーディスクあるいはその他が媒質を保存する上にバックアップの1つのパーティション、このようにハードディスクの安全系数をさせることができて得て大いに高まります。


(26求めます、Norton Disk DoctorのDOS版のインターフェース)

2.ハードディスクの論理がネ
ット上でハードディスクの論理を解除しますについて方法の文章に鍵をかけて言うことができることに鍵をかけるのは蔵書がおびただしいので、しかし注意深く見て、すべて天下の文章の一大が書き写すので、1篇ごとにがすべて大同小異。実は、ハードディスクの論理は鍵をかけて大体論理の無限ループと増分の偏りの2種類の方式に分けることができます。もし更に複雑な方式は全面的な計算方法が暗号化するならばが普通のユーザーの解決することができることではありませんて、そのためここはすぐ言及しません。

論理の無限ループもたくさん植えることがいて、比較的に簡単な0-1セクターの無限ループから比較的にまで(へ)人C-Dのパーティションの無限ループを煩わして、すべてパーティションの上でただ文章を書くだけで、人為的にパーティションの論理の誤りをもたらして、ハードディスクをスタートの時無限ループに陥ってスタートすることができません、いくつかを通って手段を検証しなければ再び正しいパーティションの情報を得ることができないです。ネット上で多くの文章はすべて長談義です、PCTools、DE(Disk Editor)甚だしきに至ってはDebugを通じて(通って)回復の方法に来ることを命令することを紹介して、これらの回復の方法は理論の上で正しくて、でもすべてあまりに大きい現実的な意味。彼らがすべて見落としたため、彼らの長談義の時に、ユーザーのハードディスクの中の磁気ヘッドはまた0-1セクターあるいはC-Dパーティションの間で絶えず往復運動を行います。ハードディスクはすべてスタートして起きないで、またどのようにパーティションの情報を読み取りますか?どのように正しい情報を書き込みますか?磁気ヘッドはいたずらにこの事をしていないので、彼らが鉛筆で書くつもりかそれともボールペンで書くかを知りませんか?

0-1セクターの無限ループはまた比較的に簡単で、フロッピーディスクのスタート、光学ドライブはあるいはハードディスクを掛かって別の機械の上でやはり動き出すことができることをスタートさせて、もしいらだたしいC-Dパーティションの無限ループだならば、フロッピーディスクがスタートして、光学ドライブがスタートするのがまだハードディスクを別の機械の上で掛かるのなのだであろうと、すべて機械をスタートさせることができません。おかしくてので、この無限ループを捨てる方法もこの上なく簡単で、このような方式の論理が鍵をかけるのが実はMS-DOS中を利用したのなためです IO.SYSの手落ち。IO.SYSファイルは輸出入がファイル(Input and Output)を管理するので、それがLOADER、IOを1含みます、IO2、IO34のモジュール、その中IO1の中で含んでとても肝心なプログラムSysInt_Iがひとつあって、それはスタートの中でとても頑固で、どうしてもパーティションを読まなければならなくて、その上パーティションを読み終わらないでやめないことを誓います。もしパーティションに出くわすならばが循環ので、それはハングアップだけありました。同時、 DOSはハードディスクの使用権を獲得するために必ずパーティションのパラメーターを読まなければならなくて、その上DOSはまたドライバ号が26を上回ることができないことを約束して、これは系統的な設計者のこれらの循環のパーティションを考慮に入れていない深刻な後の結果で、これはMS-です DOSの脆弱性と十分にそろっていない性。ふり向いて、もしこのような論理の無限ループに陥りたくないならば、マイクロソフトを使わないでDOS(DOS3.0がWindows Meまで(へ))のOSに基づいてすむのでさえすれ(あれ)ば。選択を供給(提供)できる多くのシステムがあります:PC-DOS のようです、DR-は-DOSなどは(DOS、ROMみんなに新しいDOS時代、中を見てみてたくさんとても役に立つDOS方面の情報(のhttp://newdo
s.があるように提案していますyginfo.net/dosmain.htm),その他に、マイクロソフトNT/2000/XPシリーズもまずまず良いです。ハードディスクが動き出した後に、みんながどのようですかたいのはどのようですか。私はでもずっとやはりみんなにもとの工場のDMを使うように推薦して、結局もとの工場のもので、自分の商標のハードディスクに対して操作していつも比較的に自信があって、その上、あれらのPCTools類は比較的に年を取ったため、FAT32、NTFSと大きいハードディスクのなどの操作に対していつもいくつか問題があります。同じく親切な人は正常なパーティションの命令を回復することを編んで1つの小さいプログラムに書いて、Unlock.を叫びますcom(とても多くて異なった人の編纂する不一致バージョン、みんながいくつか期日選ぶことができるのが比較的に近いです、太古十番目の8世代のものが使わないでください)、みんなは少し試用することができて、効果はまだあります。今、1家はAcronisの会社をも仲間入りしにきて、1つのAcronisUnlockを叫ぶ小さいプログラムを発表して、それに運行して1枚のフロッピーディスクを創建することができて、用いてハードディスクの解鎖になります。結局1つの商業の製品で、誰が大胆に出すもし一定の作用がないならばか?試みて、万病を治療することができるのではありませんが、しかし普通のハードディスクに対して鍵をかけるのがまだとても効き目があります

営業 求人
事務 求人
経理 求人
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
仙台市
埼玉 求人
愛知 求人
職安 求人情報
ハローワーク 求人情報
中途採用
CCNA
ラベル:営業 拓殖
【関連する記事】
posted by 強く at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。